その他

認定講師の河原亜紀です

認定講師の河原亜紀です

認定講師となりました河原亜紀です。
現在、3人のお母さんで、小学2年生の長男・年長の長女・1歳の次男がいます。
学生の頃は体育大学に通い、バスケットボールが大好きです。
就職先は幼稚園併設のスポーツクラブでスイミングインストラクターや新体操教室のアシスタントをしていました。
結婚後、妊娠、出産し、長い間専業主婦でした。
専業主婦時間が長かったので、地域の広場や公園で出会ったお母さんたちと話しているうちに、「子育てを頑張ってるお母さんたちに寄り添う活動がしたい!」と思うようになりました。
そこで、自分の強みである「運動」を通じてなにかできることはないかと思い、「大人の運動部」として60分体を動かして、おしゃべりをする場を企画・運営しています。
普段から体を動かすことが大好きで、「よく食べ・よく遊び・よく寝る」を大切にしています。

スポーツジュニア食育コンシェルジュ資格取得講座受講の理由と感想

<理由>
長男がミニバスケットボールをはじめたことがきっかけです。
長男は運動量に対して、食事の量が足りてないと思っていました。
どのくらい足りてないのか、何が必要なのか、どの時間に食べさせたらいいのか、学生時代にスポーツ栄養学を学んだことがある(体育大学卒なので一応勉強しました!)とはいえ、実際に子どもに食べさせるとなると、わからなかったからです。

<感想>
受講しようと思ったきっかけは、主宰者の阿部優さんの人柄に惚れたからです。
子どものお弁当を持たせるときのポイントを惜しみなく教えてくれたり、「こんなことやってみましたー!」とメッセージすると丁寧に返してくれる、人の温かさを感じていました。
長男のミニバスケットボール開始と同時に、スポーツジュニアに特化したこの「スポーツジュニア食育コンシェルジュ」の存在を知り、すぐに受講を決めました。
受講してみると、知っているようで知らなかった、わかっているようでわかっていなかったことが理解できました。
私は幸運なことに、子どもがまだ小さいうちに受講することができたので、今から意識して取り組むことや、怪我をしにくい体づくりの手助けができると感じています。
テキストの途中でわからないことがあれば丁寧に教えてくださり、実際の調理もすごく楽しくできました。
子どもたちは、食に対してそれぞれ違います。
一人ひとり別メニューを出すことは難しいですが、家族みんなが楽しくおいしく食べられるように、家庭料理で支えていきたい!と改めて思いました。

講師認定講座受講の理由

スポーツジュニア食育コンシェルジュの内容を最初に聞いた時から、この講座は私だけが知っているのではもったいない!たくさんのスポーツを頑張るお子さんをお持ちのお母さんに届けたい!と思いました。
講師認定講座は宿題もあり、とても刺激的でした。
広めたい!だけの想いでは誰も知らない状態なので、どうしたら知ってもらえるのかという手段を教わりました。
本当に、阿部優さんはすごいなと思うのは、わからないことがあると丁寧に教えてくれることです。
毎回、講座が終わると運動後以上の疲労感でクタクタでした。
それだけ内容盛りだくさんで集中して受講することができたと思っています。

講師認定後、1カ月の実績

ミニ講座、体験レッスンを通じて、スポーツジュニア食育コンシェルジュを知ってもらうこと、そして、スポーツを頑張るお子さんを食事学で支えたい!と志が同じお母さんに受講してもらえることが目標です。
私自身がまだ小さい子どもがいます。
食事学で一緒に子どもを応援しましょう!
子育てをしていると一人で悩んでしまうこともあるかと思いますが、悩みを共有し、お母さんが無理のない子育てができるようにしたいです!

講座開催などの予定とお申込みフォーム添付

現在準備中です。
講座開催の際はお知らせさせていただきます。

 

↓あなたのお子様のごはんアドバイス付!↓


友だち追加