試合後(疲労回復)

牛すじは高たんぱく!シンプルな牛すじの煮込み

下ごしらえ
約5分
調理時間
約1時間

スポーツジュニアにも嬉しい高たんぱく食材のご紹介。

今日はスーパーのお肉売り場の隅っこにあったら嬉しい牛すじ肉の煮込みです。

鶏もも肉、胸肉、豚肉、牛肉共にだいたい100gあたり20g〜25g程度のたんぱく質が含まれていますが、

牛すじ肉にはなんと約30gのたんぱく質が!

しっかり煮込むととろとろの美味しい煮込みになりますので、ぜひ作ってみてください。

 

表コンテンツ

材料
分量
牛すじ肉
500g前後
長ネギの青い部分(先の部分)
2本分
人参
1本
小ネギ
4本分
こんにゃく
1パック
●醤油
大さじ4
●みりん
30cc
●きび砂糖
大さじ2
●酒
45cc
水(牛すじの下茹で汁)
350〜400cc

手順一覧

1

牛すじの下茹でをします。圧力鍋に牛すじ肉と被るくらいの水、長ネギの青い部分を入れて高圧で加圧30分。

2

①が終わって蓋が開いたら、大きめのザルとボウルに牛すじを入れて、煮汁と肉を分けておく。

3

圧力鍋にアクがついている場合はここでキッチンペーパーで拭き取る。

4

牛すじを圧力鍋に戻し、●の調味料と茹で汁を入れて再度高圧で加圧30分。(濃いめの味が良い場合は350cc)

5

蓋が開いたら、一度よく混ぜて煮汁が少し減るまで煮込む。(約10分)

6

器に盛り付けて小ネギをあしらって完成。

ポイント

茹で汁で煮ていくのがポイントですが、その時に浮いている脂は極力入れないように取り出します。
残った茹で汁があれば、一度保存袋などに入れて冷蔵庫で冷やすと脂を取り除き易くなります。

脂を除いた後は、牛の出汁が出たスープですので、お野菜を入れてスープにしたりとアレンジを楽しんでみてください。

愛用の圧力鍋はこちらです。

お値段の張るものですが、30年保証付きで安心です。消耗品の追加購入も出来ます。

色々なメーカーの圧力鍋を使用してきましたが、活力鍋が一番柔らかく美味しく仕上がります。

圧力鍋についてはこちらに比較を記載していますので読んでみてください。
『料理家の選ぶおすすめ圧力鍋5選!』
https://hidamarikitchen.com/2021/04/28/pressure-cooker-best5/

↓あなたのお子様のごはんアドバイス付!↓


友だち追加