アスリートフードマイスターは意味ない?資格の合格率や難易度、その他の民間資格について解説します

アスリートフードマイスター テキスト DVD

有名スポーツ選手の奥様方がこぞって取得をするイメージのアスリートフードマイスター
最近では資格を取得した主婦が料理ブログを立ち上げるなどして知られる民間資格です。

オリンピックを目指す人のごはんを作る、指導をする、チームに帯同する仕事をするなどの
目的がある人にはアスリートフードマイスターは意味のある資格です。


アスリートフードマイスター以外にもスポーツフード系民間資格が多々ありますが、
アスリートフードマイスターは他のスポーツフード系民間資格とどう違うのか、
という視点でもいくつかご紹介していきます。

 

こちらの記事では具体的に、

  • アスリートフードマイスターとは
  • アスリートフードマイスターの資格について
  • アスリートフードマイスターの合格率
  • アスリートフードマイスターの難易度
  • その他のスポーツフード系民間資格
  • 民間資格で出来ること

の順番にご紹介します。

 

「栄養士募集」などのように直接的に「アスリートフードマイスター資格保持者募集」
というお仕事の募集は残念ながら見たことはありませんが、
アスリートフードマイスターの資格、知識を生かして仕事をしている人がいるのも事実。


また、仕事ではなくても実際にスポーツをする人の役に立てている人はいます。
この記事を読んで


・アスリートフードマイスターに興味があるけどどんな資格だろう。
・何にいかせるかな。意味あるのかな。


とお悩みの方の参考になれば幸いです。
また、他にもこんな資格があったのかと知れた方がいたらそれもまたうれしく思います。

 

 

アスリートフードマイスターとは

アスリートフードマイスター テキスト DVD

 

一般社団法人日本アスリートフード協会が認定する民間の資格で、

で構成される組織が運営しています。

 

アスリートフードマイスターが出来ることとしては以下の通りです。

  • 自身の身体づくりやパフォーマンス向上のための食事管理ができるようになります。

  • 「いつ」「何を」「どのように」食べたら良いかを分かりやすく伝えることで競技者をサポートできます。

  • 「アスリートフードマイスター3級コース」の修了試験合格率は約85%!
    栄養学を学んだことがない方、ご自身がアスリートでない方も多くの方が資格を取得されています。
    アスリートを目指すお子様を食でサポートしたい親御様にも支持されています。

 

『アスリートフードマイスター』とは、
アスリートのパフォーマンスを最大化するために、年齢別・競技別・タイミング別に、
最適な食プログラムを提供する人材になれるということだそうです。

一般社団法人日本アスリートフード協会より引用)

 

そしてアスリートフードマイスター資格取得後は仕事の紹介などを行う「club AFM」へ
加入が可能です。(年会費要)

 

 

アスリートフードマイスターの資格について

 

アスリートフードマイスター3級は以前、ジュニアアスリートフードマイスターという名前でしたが
現在はアスリートフードマイスター3級となっています。

現在のアスリートフードマイスターには3級から1級までの資格と、ボディケアマネジメントの講座があります。


3級、2級の受講スタイルは通学制と通信制があり、テキストと通信にて勉強するためのDVDがあります。
1級は通学制のみの受講となっていて、2級を受講するには3級の合格が条件となり、
同様に1級を受講するには2級の合格が条件となります。

 

3級を受講し、同時に他社のスポーツ系民間資格を取得した私の感想ですが

アスリートのパフォーマンスを最大化するために、年齢別・競技別・タイミング別に、
最適な食プログラムを提供する人材
になるためには、
3級、2級の合格だけでは不足で、やはり1級までの知識が必要だと感じています。

それにはそれなりに大きなお金と時間が必要となるため、アスリートフードマイスターは
プロの選手の奥様、チームの指導者などが取得する資格なのだと納得しました。

 

わが子のため、少しでも知識を得たい。という程度では、
なかなか勇気のいる金額なのではないでしょうか。

 

 

アスリートフードマイスター受講から試験までの流れ

 

実際に受講して、試験を受けるまでの流れは、


アスリートフードマイスター3級については、通学制で受講をすると1.5時間×4コマ、
計6時間の講座を1日で受講します。

受講場所はアスリートフードマイスターHPによると、
東京、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、福岡の7都府県にて受講可能。

 

DVD視聴での通信制を受講する場合は全部で4枚のDVDを自宅などで視聴して
講義を受けることになります。

アスリートフードマイスター DVD

 

4枚のDVDともに、講師がホワイトボードの前で講義、それを聞きながらテキストに書き込み、
途中の課題がある場合は、一時停止、テキストへの記入が終わってから
テレビの操作リモコンの「決定」を押して先へ進む、という感じです。

DVDの講師は割と単調に話を進める印象なので、すぐに気が散ってしまう方には
通学制がおすすめです。

 

試験は通学制、通信制の受講共に、試験会場へ出向いての受験となります。
試験については、北海道、宮城、東京、愛知、大阪、福岡の5都道府県のみです。

遠い方はなかなか受験が大変な資格ですね。

 

アスリートフードマイスター2級については、通学制で受講をすると1.5時間×8コマ、
計12時間の講座を2日に分けて受講します。

受講場所はアスリートフードマイスターHPによると、東京、大阪のみ。

 

3級同様にDVD視聴での通信制を受講する場合はDVDを自宅などで視聴して
講義を受けることになります。

 

試験は通学制、通信制の受講共に、試験会場へ出向いての受験となります。
試験については、北海道、宮城、東京、愛知、大阪、福岡、沖縄の6都道府県です。

 

 

アスリートフードマイスター1級については、通学制のみ。
1.5時間×15コマ、計20時間強の講座を4日に分けて受講します。

受講生専用サイトからの申し込みで、講座の日程や場所なども記載が
ありませんでした。


試験は試験会場へ出向いての受験となり、二次試験と活動レポートが必須のようです。


 

アスリートフードマイスターの合格率

 

アスリートフードマイスターの合格率は級によって異なります。
やはり3級から1級に向かうに従い、合格率は低くなるようです。
(1級については合格率の公開はありません)

 

アスリートフードマイスター3級の合格率 85%
アスリートフードマイスター2級の合格率 35%
アスリートフードマイスター1級の合格率 非公開

 

アスリートフードマイスターの難易度

 

アスリートフードマイスター3級の難易度は低めです。
合格率85%という数字を見てもわかるように、あまり「落ちた」というのを
聞きません。
90分のマークシート方式の試験を会場に出向いて受験します。
正答率7割以上で合格、不合格でも別途料金はかかりますが、追試があります。
(2020年8月現在で追試受験料15,400円(税込))

また、こちらも別料金ですが補講制度があります。
(2020年8月現在で補講料20,000円(税込))

 

アスリートフードマイスター2級の難易度はかなり高めです。
合格率は35%、テキストを少し見た程度では合格は難しいと感じます。

こちらも追試と補講制度があります。
料金は3級と同じく別となります。
(2020年8月現在で追試受験料18,150円(税込)、補講料49,000円(税込))

 

◆アスリートフードマイスター3級

 ・受講料(通学制・通信制共通):73,700円 (入会金11,000円含む 受講料62,700円)
 ・受験料 修了試験料(1回分)を受講料に含む
 ・1.5時間×4コマの授業
 ・合格率85%(不合格の場合、追試受験料15,400円)

 

◆アスリートフードマイスター2級

 ・受講料(通学制・通信制共通):121,000円!
 ・受験料 修了試験料(1回分)を受講料に含む
 ・1.5時間×8コマ
 ・合格率35%(不合格の場合、追試受験料18,150円)

◆アスリートフードマイスター1級

 ・受講料(通学制のみ):242,000円!
 ・受験料 修了試験料(1回分)を受講料に含む
 ・1.5時間×8コマ
 ・合格率 不明(不合格の場合、追試受験料20,350円)

 

 

 

その他のスポーツフード系民間資格


スポーツフードアドバイザー

資格のキャリカレ スポーツフードアドバイザー アスリートフードマイスター テキスト

 

 『資格のキャリカレ』及び『一般財団法人 日本能力開発推進協会』主催の民間資格。
 アスリートの栄養管理に必要な専門知識をもつアドバイザーであることを証明する資格と
 位置付けています。
 
 こちらにもお世話になりましたが、個人の感想としてはこちらのテキストと内容の方が
 アスリートフードマイスターよりも、より身近で実践に落とし込みやすいと感じました。 

 

 私のアスリートフードレッスンに来る生徒様もアスリートフードマイスターの資格保持者が
 多数いましたが、皆さん、
 「わが子の献立に落とし込むのに理解しやすいのはこちら」とのご意見でした。

 

 ・受講料(通信教育のみ):44,000円(ネットお申し込み限定価格34,000円(税別))
 ・受験料 5,600円(税込)
 ・標準学習期間:3ヶ月(添削回数:3回)
 

 

スポーツフードスペシャリスト

資格運営会社『フォーミー(formie)』及び
『一般社団法人日本能力教育促進協会(JAFA)』が主催の民間資格。


食生活と栄養に関する豊富な知識と実践方法・生体理論の正しい知識を身につけ、
競技に活躍できる身体を作る「食事」の指導ができるプロフェッショナルと
位置付けています。


スポーツフードスペシャリストではサプリメントの正しい摂取方法も学べるところが
スポーツフードアドバイザーとは違うところです。これは、ちょっと気になります。

 

テキストがWeb教材です。スマホで見られるということで、
どこでも勉強できるという点で惹かれる方も多いかもしれませんが、
このあたりは好みが分かれそうです。

 ・受講料(通信教育のみ):教材・認定証・検定・サポート費用込み 34,000円(税抜)
 ・受験料 修了試験料(1回分)を受講料に含む
 ・標準学習期間:1ヶ月
 ・スマホテキスト

 

 

どちらにも共通していることは、資格取得後には、無料の特典として
ホームページの作成や名刺作成のサポートなどがあることです。

 

 

民間資格で出来ること

管理栄養士、栄養士などの国家資格と違って民間資格では何が出来るのか。


冒頭にも書きましたが、
民間資格は「栄養士募集」などのように求人には載らないのが現実です。


就職や転職では、残念ながら有利にはならないのです。

そして、プロ野球チームや、サッカーチームなど
プロのスポーツ集団の食事のアドバイスなどは絶対と言っていいほど

国家資格が必要で、こちらも残念ながら民間資格では就職できないと
言わざるを得ません。

以前私は八王子市のプロバスケットボールチーム向け講習会を
担当していましたが、本当にこれは稀です。

 

ではそんな中でも民間資格で出来ることとしては


・仕事としてではなく、ご家族や所属チームの食事のアドバイスが出来る
・自分の体作りが出来る

これは絶対です。実際に私もスポーツをする子ども達の体作りの役に立っていて
この知識はお母さんたちみんなが知ればいいのになと思います。
それだけでなく、病気のため糖質制限食を勧められている主人の食事にも役に立ちました。

 

スポーツ栄養学を学ぶということは、その前段にある栄養学を学ぶことになりますので
「糖質を制限しましょう」と言われたときに、単純にごはんを減らす。のではなく、
何を食べて良くて、何はダメ、どのくらいの量まではOK。と判断が出来るようになりました。

 

それから、民間資格で出来ることとして

・食に関する教室運営をしている人が追加の講座を開講できる

ということが言えます。

 

単純に料理を教える教室、パンを教える教室、お菓子の教室。などを主宰している方がいたら
民間資格であっても知識を得て、新しいレッスンを始めることが出来ます。

私自身がそうしてきたからです。

子どもを甲子園に行かせたい。クラブチームから海外のチームへ行かせたい。
オリンピック選手を育てたい。というお母さんが受講に来てくださるケースもありますが

もっともっと身近で

・習い事でプールを始めました
・少年野球チームに入りました
・少年サッカーチームに入りました

というお母さん方が知ってほしい知識を、自分の主宰してきた料理レッスンに落とし込んで
講座を作っています。

 

料理のレシピを教えて一緒に作る以外にも、切り口を変えたレッスンが可能になります。

 

 

民間資格以外にもスポーツフードの勉強法はたくさんあります。
栄養士会主催の勉強会も開催がありましたので、参加してきました。

 

栄養士会 テキスト トップアスリート スポーツ栄養セミナー

 

 

また、栄養士会で出している本もあります。

スポーツ栄養学 栄養士会 アスリートフードマイスター スポーツフードアドバイザー

 

こちらの本ではこのような内容が学べます!

アスリートフードマイスター スポーツフードアドバイザー 栄養士会 スポーツ栄養学

 

まとめ

アスリートフードマイスターは仕事に直接いかせないにしても、
有名スポーツ選手の奥様方が実際に取得しているだけあって知識を得るというところでは
内容も濃い資格だと思います。
ただ、私個人の感想としては、1級まで取得すれば、スポーツチームなどに帯同するような
お仕事に就く人に向いていてご家族や身近な人のためだけにいかす資格ではないのかなと感じます。



たとえばご家族に生かすために何かを勉強したい。ということで
「アスリートフードマイスター3級だけ取ろう。」と思うのであれば
3級の受講料よりも安く、広く知識を得られる別の民間資格の方が向いているという意味です。

 

スポーツフードアドバイザーはテキストの内容、得た知識のいかし方が
はっきりとわかりやすい資格で、ご家族や自分のための資格かなと思います。
こちらのテキストで学んだ知識でもって、実際に「この子のための献立を作る」と
直接的に動き方がわかる資格だなと思います。

 

スポーツフードスペシャリストについては私はテキストも見たことがありませんので
参考程度の情報ですが、サプリメントについての知識が得られるということ、
テキストがWebのためかさばらないということ、
スマホからでもいつでも勉強が出来るということは大きなメリットかもしれません。

 

どれかひとつ受講するとしたら、私はやはり
・スポーツフードアドバイザー

お金に余裕があれば
・スポーツフードアドバイザー1級まで

 

今後追加で受講したいのが
・スポーツフードスペシャリスト

 

です。あくまでも教室運営をしながら、自分の子どものためにと思って受講し
現在は講座としてスポーツ栄養学、アスリートのためのレシピを教えている私の感想です。

 

資格はいらないけど、
スポーツをするお子さんをお持ちのお母さんで「何を食べさせよう」と
悩むお母さんにはぜひとも私の主宰する「アスリートフードレッスン」に来ていただきたいです。

 

そして、「アスリートフードレッスン」を教えることにご興味のある方、
これから教室を始めてみたい方には養成講座の準備をしていますので
まずはお問合せにて「養成講座の件」とご連絡をください。

 

 

いかがでしたか?

アスリートフードマイスターに興味があるけど、高いな。どんな資格だろう。
何にいかせるかな。意味あるのかなとお悩みの方の参考になれば幸いです。

また、他にもこんな資格があったのかと知れた方がいたらそれもまたうれしく思います。

 

資格取得より、教室を開講してみたい。という方はご連絡ください。
レッスンの組み立て方、教室の始め方、現在企業様のアスリート系コラム執筆中ですが
企業様からのお仕事の受け方、契約の仕方までサポートしていく養成講座を作っています。
そんな方に直接お役に立てたらそれは本当にうれしいです。

お問合せにて「養成講座の件」とご連絡をお待ちしています。

 

Follow me!

家庭料理のレッスンを開催しています

ご自宅にある調味料と、ご自宅にある調理器具で、必ず再現出来る簡単レシピをお渡ししています。毎日のご飯作り、お弁当作りが楽しくなりますよ。